カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月29日は、
第2回日韓演劇フェスティバルフェスティバルについて
日本演出者協会理事長 和田善夫さん(写真左)と
東憲司さん (劇団桟敷童子)
をお迎えし、お話しをうかがいます


d0129804_845943.jpg

[PR]
by japanhosakkyo | 2011-12-28 07:52 | お知らせ
好奇心の赴くままに! それがカニリカ流


d0129804_7505086.jpg


カニリカさんは、「女性学を勉強するために」米国カリフォルニア州立サンタアナカレッジに入学したものの「途中で専攻を変えて、テレビ制作を学ぶことに」なった。

子供の頃からテレビっ子だったので、アメリカで学んだ経験を生かして帰国後、日本のテレビ局入社を目指した。「でも、片っ端から試験に落ちて」、映像制作志望でポニーキャニオンに入社。

ところが「英語ができるからと、洋学部に配属されて」FM局を回るプロモーション担当に。
そこでラジオ番組の面白さを実感し、制作会社の人にディレクターやってみない? と誘われたのが実際に番組制作に携わるきっかけとなった。

だが尋常じゃないハードな現場で仕事を続けたため体を壊し、その後、マイペースで仕事をするために自ら制作会社を設立。
ラジオ番組の制作にとどまらず、雑誌のライターにフィールドを広げ、蓄積したネタを買われてテレビの放送作家の道に。
その後、コメンテーター、DJ、戯曲の作・演出まで好奇心の赴くままに! それが大きな可能性につながっている。
[PR]
by japanhosakkyo | 2011-12-23 07:48 | 放送アーカイブ
多岐にわたって活躍の場を広げている女性放送作家

d0129804_7432490.jpg


釜澤さんは、『情熱大陸』などのドキュメンタリーや旅番組を得意とする放送作家。
ジャンルにこだわらずフィールドが広いこと、そして自ら会社を設立して代表もつとめています。

釜澤さんの放送作家になったきっかけもユニーク。
釜澤さんは子供のときからドラマウォッチャーで、「将来はテレビドラマのプロデューサーになりたい」と夢みていた。
そこで新聞でみつけた制作会社のAD募集記事に応募したところ、「採用になったものの、クイズ番組のクイズ作家が足りないのでやれと言われ」、『高校生クイズ』や『なるほど!ザ・ワールド』でたっぷり鍛えられた。
「最初のうちはボツ続きだったのですが、そのうち『お前の作る問題は面白い』と褒められるようになって」、クイズだけでなく構成も含めた放送作家にならないかとディレクターに勧められたという。
釜澤さんが駆け出しの頃は、ケータイもなければインターネットも無い時代。
リサーチからロケのコーディネートまでフットワークよく動いて経験を積んだ。

それがその後の小説、映画の脚本など幅広いフィールドで活躍する原動力になっている。
[PR]
by japanhosakkyo | 2011-12-09 07:38 | 放送アーカイブ
たくさんのご応募ありがとうございました!
募集は締め切りました。
現在、シーズン3 オンエア中です!



ドラマ・ファクトリー・シーズン3!
みなさんのシナリオ募集します!


締め切りは 2012年 1月9日(月)

おまたせしまた!
来年から、カフェラテがお送りするオリジナルドラマコンテンツ
「ドラマファクトリー」シーズン3が始まります。

今回は新しいオリジナルドラマを6本作ります。
そのうち2本は、ドラマファクトリーシーズン1、2で活躍した新人作家にリクエスト
そして4本をあらたにリスナーのみなさんから募集します。

新たなテーマは ライフ(生活、命・・・・)
※テーマを直接表現しなくても、なんらかテーマにまつわるストーリーであればOK。
自由に書いてください。


〔応募要綱〕

■原稿用紙400字×6枚以上8枚以内の分量で。(10分の放送枠に収まる正味6~8分が目安)
■オーディオ・ドラマとして使用できるシナリオであれば、
登場人物や設定の制限はなく、ジャンルも問いません。登場人物は1人~4人まで。
■放送にあたって選考の基準は、ドラマ性の高い楽しめる作品であり、かつ、
ショ-トスト-リ-として、密度の高い作品、完成度の高い作品を選ばせて頂きます。
■締め切りは1月9日
■応募にあたって、シナリオの最初のペ-ジに200字以内であらすじをつけ、
氏名(ペンネ-ムと本名)、年齢、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)も明記のこと。
また、創作活動の簡単な履歴(劇団の自主公演、過去のコンクールの受賞歴等)も記して下さい。
■応募はメールでのみ受け付けます。宛先は、cafe@jorf.co.jp 
 原稿はワード形式かテキスト形式で添付してください。
■採用分には、『カフェ・ラ・テ~ドラマ・ファクトリー』制作担当より連絡いたします
 奨学奨励金として金一封差し上げます。


皆さんからのご応募、お待ちしています!

[PR]
by japanhosakkyo | 2011-12-01 00:01 | お知らせ