カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドラマファクトリーシーズン2 

第1弾のテーマ「愛にまるわる話」は58編の作品をおよせいただきました。

10月採用作品は、

伊藤まゆみ 作 『蝋人形館で会いましょう』
(10月7日放送)

宮本昌和 作  『娘の愛を預かった』
(10月21日放送)

でした。

11月の採用作品は、オンエアをお聴き下さい。


[PR]
by japanhosakkyo | 2010-10-30 10:19 | お知らせ
はっぴーオーラ全開の行動派
d0129804_10173858.jpg


はっぴーふーみんさん。
かなりインパクトのある筆名です。
(さらだたまこママのペンネームもかなりユニークですが・・・)

聞けば、先輩作家のわぐりたかしさんが命名したとか。

ふーみんさんは、もともと、新聞のラテ面の記者から出発。
「番組の取材をすると資料で台本を見せてもらうことが多く自分でも書けそうかなって」思ってたところ、
『オールナイトニッポン』の企画を相談されたのが放送台本に携わるきっかけに。

早速書いて持ち込んだ台本が即採用されたという幸運ガール。
その縁で、『中居正広のSome girl' SMAP』も執筆。

記者と放送作家の二足のわらじを履くことになったわけです。

これまで、ふーみんさんが担当してきた番組は、FM局のおしゃれテイストの番組から、テレビのニュース・情報番組までと幅広い。

特に作家として勉強になったのは『スーパーJチャンネル』だといいます。
ふーみんさんが自ら企画した『世にも明るいニュース』では、ネタ捜しから構成はもちろんのこと、他の重大ニュースで、人手が足らないので、ディレクターの仕事も経験もしたのがとても勉強になったとか。
「でもね、でかい失敗もあるんですよ」と、打ち明けてくれ大失敗談!
カメラマンに撮影指示をしていたら、カメラマンが足元を誤ってカメラごとプールに落ちてしまった件!
ディレクターはカメラマンの足元まで気をつかって、指示をださなくればいけないのだが・・・・
そして一台100万円以上するカメラの弁償を考えると
「マッ青になって落ち込んで」
でも、保険が掛けてあったので、始末書と小言で済んだそうです・・・ああ、よかったですね。
聞いただけでも、恐ろしい。
某有名人で、本番中、スタジオのカメラを倒した話題など、いつまでも伝説として残ってしましますからね。

しかし、とにかく、ふーみんさんは「思いついたら即、行動派」。
最近、結婚されて、本名はアレキサンダー・ふみとなりました。
ご主人はイギリス人。
「母国を離れて、海外でボランティア活動をしているというので、実際に見に行ったら、相手がびっくりして!」。その行動力にダーリンが惚れ込んだとか。

仕事もプライベートもハッピーオーラ満開のふーみんさんでした。
[PR]
by japanhosakkyo | 2010-10-29 10:16 | 放送アーカイブ
 『天才・たけしの元気が出るテレビ』や
『伊東家の食卓』などでおなじみ、
岩瀬理恵子さん
 


d0129804_10145349.jpg



駆け出しの頃、岩瀬さんはドキュメンタリー畑のベテラン・南川泰三氏の事務所に所属していました。
片や、さらだママはバラエティの大御所・奥山コーシン氏の事務所に所属。
奥山先生と南川先生は仲がいいので、なんか“従姉妹弟子”って感覚です。

お互いに名前は知っていたけど、お会いするのは初めて!
感動のご対面でした。

岩瀬さんの“売り”は“速い”こと。
「プロデューサーやディレクターの急な呼び出しやオーダーに即応じる」。
そうなんです。
放送作家は上手いだけじゃだめ、早くないと!

しかし、言うは易しだが、これがなかなか上手くできない。
「プロデューサーが思いついた企画を、“じゃ、2時間くらいで企画書にまとめておいて”と言われてちゃんとやる」のが岩瀬流。
「ときどき、あんまりにも無理かなあという、直しをさせられたりもしますが、なぜかやれてしまうんです」。

そんな岩瀬さんは、プライバシーも仕事に捧げたからすごい!
ある番組で「気球に乗って結婚式を挙げてくれるカップルを探せ!」と言われ、
「だったら、私が・・・・・・」と挙手をしたんですよ!
「ちょうど、そろそろ結婚してもいいかなあという彼氏がいたので(笑)」。
このノリも放送作家としてすごーく大切!


岩瀬さんは、新人の頃、クイズ番組の問題作りやリサーチもやっていたので「引出には積み上げた情報が今もぎっしり」。
その実績を今は後進の育成にも役立てています。
「新人には、ゴールはこうだとアドバイスします。そこへたどり着く道を模索させるのが、育成なのんです」。

なるほど、岩瀬さんの薫陶受けた新人がどんどん活躍する日も楽しみです。
[PR]
by japanhosakkyo | 2010-10-15 10:07 | 放送アーカイブ