カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

123&124は金杉文夫さん

ワイドショーからニュースまで
硬派な構成作家
金杉文夫さん


d0129804_1452425.jpg


『ルックルックこんにちは』でデビューし、『ズームイン朝』や『NEWS ZERO』など手がけてきた構成作家・金杉文夫さん。

事件現場の取材に斬り込む硬派な作家だが、「18から21まで浪人という名のひここもり。何をやりたいもみつからず、社会に出る意欲もなかった」というから驚きだ。

引きこもりをやめるきっかけとなったのは、とある役者の養成学校に通いはじめたこと。
そこで演出家・森田雄三氏と出会い人生が変わった。
「26までひたすら演技の研究にあけくれました」。
学費や生活費を稼ぐために夜警のガードマンのバイトをしたり、
「森田さんに稼げるからと勧められ、鳶職の資格も取って、工事現場で働きましたよ」。
鳶仲間にはイッセー尾形さんもいた。

その間、早稲田大学第二文学部も卒業した。
「でも就職せず、ずっとぷらぷら演劇やってたら、テレビの仕事の話があって」。
それは役者ではなく、ワイドショー『ルックルック・・・』の取材ディレクターの仕事だった。
「出る仕事ではないけれど、テレビの仕事は面白いかも」と右も左もわからず始めたのだった。
が、殺人事件も含むシビアな現場に直行するハードな取材ばかり。
それを10年続けた。
「放送作家をめざしていたわけではなかったので師匠がいたわけでもなく、番組に関わりながら実践で叩き込みました」。

2006年秋から始まった『NEWS ZERO』には企画の立ち上げから関わり、いまもブレインとして参加している。
「いまどきのニュースは夜のワイドショー。放送作家は柔軟な視点で、番組の出演者とスタッフをつなぐ良い媒介。必要とされる存在で有り続けたいです」
[PR]
by japanhosakkyo | 2010-02-27 01:43 | 放送アーカイブ

121&122は富田祐弘さん

セーラームーン秘話も!
アニメの脚本の奥義を披露
富田祐弘さん

d0129804_137460.jpg


『美少女戦士セーラームーン』や『ビックリマン』『超時空要塞マクロス』など人気アニメの脚本でおなじみの富田祐弘さん。

ベテラン脚本家の足跡は、そのものが人生ドラマ。
若い頃は照明家を志して日大芸術学部に。
「でも大学紛争で大学は休講。その間に闘争をパロディにした戯曲を書いたら評価されて」
それが脚本家を志しすきっかけになった。
卒業後シナリオライターの事務所に入社したものの「書かずにマネージャーをやれ!」と言われてやや遠回りの人生に。
新人の俳優も所属していたので売り込みにいかされ、いわゆる営業も経験した。
「でも、人に会うことはいいことです。役者を売り込みに行った先の東映動画のプロデューサーに、『きみ、脚本家目指してるなら頑張れ、いいホン書いたら使ってやるぞ』と言われて」。
その一言に奮起して事務所の先輩作家田村多津夫氏に師事。
3年ほどの下積みを経て『SF西遊記スタージンガー』でデビューを果たした。
「アニメはひとつの作品を数人の脚本家で書くことが多いので、まずそのローテーションに食い込むことがプロデビューの第一歩です」
新人が起用されるには、新鮮な台詞、きてれつな発想が勝負になるという。 
キャリアを積むと全体を統括するシリーズ構成も手がける立場になり、富田さんはセーラームーンやビックリマンではシリーズ構成も手がけた。
「最近ゲームがアニメ化されることも多いので、ゲームの制作現場に入り込むことも登竜門のひとつになってきましたね」とのアドバイスも。
そして富田流脚本の奥義は?
「冒頭に素敵な出会いが作ることです。物語の1/3はできたも同然!」
素敵な出会いは、人生経験を重ねること!
どんどん、行動することで描けるようになるのかも。
[PR]
by japanhosakkyo | 2010-02-14 01:34 | 放送アーカイブ