カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1000のネタ帳づくりが、尾崎ワールドの玉手箱!

今回のゲストは、「アット・ホーム・ダッド」や「結婚できない男」などのドラマでおなじみ、脚本家の尾崎将也さん。
ほのぼのと笑いを誘うコメディタッチの物語で感動を与える尾崎さん。実はラジオで生声で出演されるのは初めてのことだとか。
「実は緊張してたんですよ」と収録後に仰いましたが、そんなふうに見えず、とても落ち着いて余裕に見えました。

d0129804_18562263.jpg


確かにシャイな方でした。というか、シャイなとろがクール(かっこいい)方なのです。
「でも、女房が言うには、『阿部寛さんがドラマで言ってる台詞って、普段の“アナタ”そのものよ』って」
地はやはり、面白い方のようです。

この番組でも報告しましたが、現在、日本を代表する脚本家7人が韓国ドラマを手がけるコラボ企画「テレシネマ」に尾崎さんも執筆しています。いつ完成し、日本で放映されるか楽しみですが、尾崎さんは「原稿はもう書き上げましたよ」とさらり! 内容は・・・やはり日本放映のその日を待ちましょう!

さて、尾崎さんは、ドラマを書くために、修業時代からコツコツと1000のネタ帳を作ってきたそうです。
一口に1000と言いますが、100もネタってそうあつまるものじゃあ、ありません。
1日3個毎日考えても、1年はかかります。
やはり、日々のたゆまぬ努力が大切なのですね!
[PR]
by japanhosakkyo | 2009-02-25 18:40 | 放送アーカイブ
月刊ドラマ誌に記事が載りました!

2月18日発売の月刊「ドラマ」3月号に『話題の番組』として取り上げられました。

今後は、ドラマ誌とのコラボ企画が浮上!
追ってお知らせしますね!

カフェ・ラ・テ ママ さらだたまこ
[PR]
by japanhosakkyo | 2009-02-19 20:34 | お知らせ
劇団も主催! 
劇作家・演出家として新境地に飛躍する
清水東さん。


放送作家にも親子二代で放送作家という方がいます。『お江戸でござる』『ドリフ大爆笑』などのバラエティやアニメ『ふたりはプリキュア』などを手がける清水東さん。業界では、裏方にしておくのはもったいない! 俳優さんみたい! とイケメンの誉れ高い作家です。
しかし、この方のお父様を知るテレビ黎明期の方々は、すごく魅力あるお父上だった!と伝説に。
清水さんのお父様は、『シャボン玉ホリデー』『ゲバゲバ90分』の名物作家だった故・津瀬宏さん。
子供の頃、おうちにあったお父様の台本を学校に持ち出して、友達と読み回しをして、
「うーん、今週のゲバゲバのコントはいまいち、つまんね」など評していて、それをお父様にみつかって大目玉をくらったとか。
しかし、後にプロの放送作家を目指して、いかに、ゼロから生み出すことが難しいか、七転八倒! 小学生の頃の生意気な言動を深く反省したそうです。

d0129804_1530395.jpg


清水東さんは、テレビ以外に舞台の脚本・演出も手がけています。
このたび、劇団を主宰することに。

旗揚げ公演は、2月26日下北沢駅前劇場で開幕の、「ギザギザのお月様」
もちろん、清水東 作・演出です。
殺陣がエキサイティングなお芝居!
詳しい情報は、劇団 EASTONESのサイトをご覧ください。
写真は 座長の石田武さんと、役者の富永研司さん。
石田さんと、富永さんの筋肉! すてきですぅ!
イケメンの劇作家もすてきだけど、筋肉派もいいわね! と、さらだたまこママ垂涎!

d0129804_1536779.jpg


追記 さらだたまこママと清水東さんの出会いは、久世光彦演出・樹木希林主演の「大希林」の
脚本のお仕事でした。また機会があったら、一緒にお仕事したいですね。
[PR]
by japanhosakkyo | 2009-02-11 15:01 | 放送アーカイブ