カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベテラン放送作家の山西伸彦さん! 
あの名番組、「笑点」を構成する一人。
放送作家歴30年の山西さんも、超ベテランが多い笑点では、まだ若い作家だそうです。
(放送は5月23日と30日)
d0129804_9461336.jpg


山西さんはもともと作家志望で、学生時代に書いた文章を「仮面の笑い」というタイトルでを自費出版したのが、この道に入るきっかけでした。この本を手にした南川泰三さん(カフェ・ラ・テ二回目のゲスト)が、芝居を手伝ってほしいと山西さんに声をかけたのが、のちのち放送の道に入るきっかけになったそうです。
以来、30年、演芸、情報、ドキュメント、報道、旅、バラエティ、教育、スポーツ・・・幅広いジャンルでテレビ、ラジオはもとより、イベント、CM、雑誌、映画評論、書評、講演・・・と数多くこなしてきた。プラネタリウムに映像を盛り込むアイデアも!
「笑点」で笑いと演芸の王道を追求する一方、社会性のあるネタで次々問題定義をする「噂の東京マガジン」でもご活躍!
構成作家は多岐にわたっていろんな仕事をこなして来る中で、着実に自分の中に何かがたまって行きます。それが、人間の幅や魅力になるのですが、山西さんも、一緒にワインなんぞ飲むと、グルメで話題豊富なダンディな一面を発揮!

今度はカフェでなく、ワインバーでお会いしたいです!
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-05-31 03:13 | 放送アーカイブ
「はじまらないティータイム」にて第31回すばる文学賞を受賞した原田ひ香さん。2007年のことです。小説家として将来が期待されるひ香さんですが、実は、シナリオライターでもあるんです。すばる文学賞の一年前、中村比香名義で「リトルプリンセス二号」にて放作協主催の第34回創作ラジオドラマ脚本懸賞公募(現・創作ラジオドラマ大賞)の最優秀賞に選ばれました。
(放送は5月9日と16日)
d0129804_8595868.jpg

原田さんがシナリオライターを目指したきっかけは、ご主人の転勤で北海道に暮らしたとき、他にすることがなくて、インターネットでみつけた文章作法講座で独学しながら、シナリオを書き始めたのがきっかけ。東京にもどって、さらに本格的に勉強されたそうです。

ラジオドラマで大賞を受賞した「リトルプリンセス二号」は夫婦の話。ある日家に買ってきた植木鉢の花のめしべが、女体のようで、夫が心奪われ恋をする。悩んだ末に花は処分されるが、今度は妻が別の花の花心に惚れてしまし、ついには花と家出をしてしまうというお話。非現実でありながらも、そういうことってあるかも、って思わせるラジオドラマならではの、イマジネーションをふくらませる一種リアリティーのあるおもしろさがありました。こういうドラマを書く人は、小説を書いても面白い!

「はじまらないティータイム」も、夫をめぐる複雑な女性関係が、女性だけの会話で進行する物語です。ぜひご一読を! 次回作も楽しみ!


ところで、中村比香さんが原田ひ香に名前を変えるときのエピソードが面白かったです。
偶然乗ったタクシーの運転手さんが、姓名判断をする人で、原田ひ香の名前をすすめてくれたそうです。解明したとたん、すばる文学賞が舞い込んだ! 
ひ香さんは、運転手さんに感謝! と言ってました。
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-05-17 03:31 | 放送アーカイブ
カフェ・ラ・テが昨年10月に新装オープンしたときの最初のお客様だった奥山コーシンさんに
再度登場願いました。前回聞けなかった奥山ワールドをじっくり伺いました!
(放送は4月25日と5月2日)

d0129804_12160.jpg


奥山コーシンは、さらだたまこママの師匠です。奥山門下といえば沢口義明先生、原すすむ先生、そして秋本康先生、女性では、いつまでたっても可憐な北村のん先生などなど、放送業界をありとあらゆる意味で震撼させてきた才能ある放送作家を数多く輩出しています。
奥山さんの師匠は、青島幸男さんです。
青島さんの弟子になる前は、前田武彦さんに師事、またのちに、大橋巨泉事務所に所属して、
多くの弟子を育てるようになったわけで、今も、放送作家業界に、奥山DNAは脈々と受け継がれています。(余談ですが、奥山さん率いる作家集団は、DNPといいます。大日本印刷じゃなく、ドロナワプロの略だそうです)

さて、奥山さんの手がけた番組は『シャボン玉ホリデー』『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』『8時だョ!全員集合』などなど数知れず! このあたりの歴史は名著『放送作家は万年新人募集』とう本を図書館で探して是非お読み下さい!

さて、奥山さんは作家の他に、作詞家、歌手、落語家(立川侊志ん)といったさまざまな顔を持っています。
生コーシンさんに会いたい方は、ぜひ、毎月、四谷コタンで開催される落語会でお楽しみください。
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-05-03 03:33 | 放送アーカイブ