カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

56&57は、かぜ耕士さん

今回のお客様は、
ラジオパーソナリティとしてもおなじみの
かぜ耕士さんです。

今から30年ちょっと前、ニッポン放送「たむたむたいむ」という番組は深夜に毎夜流れていました。その番組のパーソナリティーはかぜ耕士さんです。

d0129804_2350896.jpg


「たむたむたいむ」の時代は、そろそろさらだたまこママも、ニッポン放送へ、せっせとドラマ原稿を持ち込んで、ボツにされて突っ返されては落ち込んだ日々を過ごし、そして、だんだん、お茶くみなどの遣いっぱの仕事から、放送作家修業を始めたころです。
あのころかぜさんは、長髪のおにいさんだった!

放送作家になったきっかけは、学生時代に永六輔さんが、作家志望の学生を募集し、そこに集ったのがきっかけ!
作詞家としては、アイ・ジョージさんの『太陽よ永遠なれ』でデビュー。作詞家として仕事をしながら、フジテレビの『3時のあなた』や文化放送の『走れ!歌謡曲』などのスタッフも続け、その当時、東海林マスターと顔を合わせていたそうです。

大きな転機は、海外に行ってる永さんの代わりに抜擢されて、NHKの歌番組『ステージ101』のシングアウトが歌った『涙をこえて』の作詞をしたこと。この歌が大ヒットして一躍注目されたのです。その後、『タムタムタイム』『セイ! ヤング』『オールナイト・ニッポン』のパーソナリティして大活躍!

でも、ある日、ある時から、ぱたっと仕事が無くなってしまったとか。

そこで筆名を風小路将伍にしてテレビのドキュメンタリーの構成をてがけたら、またまた売れっ子に!

現在はふたつのペンネームを使い分けているそうです。

かぜさんは、アメリカ文化大好き人間!
創作活動の原点は映画「ウエストサイドストーリー」にカルチャーショックを受けたことだそうです。
今も、趣味は、家では衛星放送で、アメリカのショウアップされたテレビ番組を観ることだそうです。
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-11-12 23:47 | 放送アーカイブ