カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

40回&41回は竹内日出男さん

今回のお客様は、脚本家の竹内日出男さん。
東大からNHKに入局。ラジオの黄金期にはラジオドラマで芸術祭大賞をお取りになり
その後はTVで朝の連続ドラマのチーフプロデューサーと
エリート街道まっしぐらに歩まれたのちに、
なぜか放送作家へと転身された、知的な香り漂う、竹内日出男さんです。
d0129804_117433.jpg

ドラマプロデューサーのトップに登りつめてしまうと、まあ、ふつうは人生それでゴールだと
思うのがふつうの人間。けれども、一個のゴールで飽きたらず、次のゴールを目指して一介の
フリーの放送作家として新たなスタートを切るという決断。なかなか凡人にはできませんが、
やはり、竹内さんの中にあったふつふつと湧いてくる創作意欲が背中を押したのでしょう。
実は、NHKで地方局勤務時代に、地元の劇団や局員を総動員してミュージカルを作った
想い出が、竹内さんのモチベーションの根底にあったと言います。
エリートの管理職で出世する人生も良し、でも、みんなと汗を流して、一緒に作る楽しみが
忘れられなかった。それが作家・竹内日出男の作家魂となったのです。

ちなみにラジオドラマを愛してやまない竹内日出男さんは、放作協のベテラン作家の中で、
放作協が後援している「ラジオの会」や、諫早図書館で行われる「シナリオ講座」の講師とし
ても熱心に後進の指導をされています。
写真の「夜想曲」は竹内さんの戯曲集。シナリオライターを目指す人、必読ですよ!
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-07-14 10:16 | 放送アーカイブ