カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

36回&37回目は城市貴夫さん

今週は、情報番組や報道番組などの構成を多く手掛けている
城市貴夫さんをお迎えしました。
城市さんは元・放送作家で、自らも番組に出演しそして参議院議員を4期つとめた野末陳平さんとアメリカで知り合い、それをきっかけに放送業界へ入ったという異色の経歴の持ち主です。(放送は6月6日、13日)

d0129804_10175921.jpg


幼い頃から将来はブラジルに移住して一旗揚げるぞ!と人生設計してきた城市さん。
まず、いきなりブラジルに行かずにアメリカのパサディナに留学。
そのとき、アメリカ取材に来た野末さんをアテンドすることになり、それがきっかえで、
ブラジル行きではなく、日本に戻って野末さんの弟子になることに。
以来、野末さんの番組のライターとして、放送作家に。

さて、野末さんから多くのことを学び、そして失敗もしてきたようです。
たとえばある時師匠から
「番組の批判が書いてある手紙が大事だから、それを入れておくように」
と言われたので、そのまま真に受け、プレゼント当選者のなかに
野末さんを”罵倒”している手紙を入れておいたら、本人が激怒!
「今日は放送をやらない!」という騒ぎにまでなったそうです。

東海林マスターも、たまこママも20代のころ、文化放送で、若き日の城市青年とお仕事しました。細やかで優しいお兄さんぶりは今のずっと、変わらないまま。
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-06-14 03:16 | 放送アーカイブ