カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

17回目のお客様は期待の新人脚本家 坂口理子さん

はやくも一流作家のオーラを放っているけど、
とっても謙虚な坂口理子さん!
 


今回のお客様は、「おシャシャんのシャン!』で日本放送作家協会主催の『第31回創作テレビドラマ大賞』の最優秀作を受賞した坂口理子さん。
受賞作はNHKでドラマ化され、演技派の田畑智子さん主演で「抱腹絶倒・新春コメディ!」として好評のうちにオンエアされました。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

d0129804_1225159.jpg


脚本を書く合間に、山登りでストレス解消してるという理子さん。
カフェラテにも、スポーティーな出で立ちで来店されました。
どの方にも共通することですが、脚本賞を受賞してデビューするまでの道は、とても険しいいばらの道。一回や二回の挫折は当たり前・・・なんですが、三回四回と挫折すると、多くの人は続けられないで断念してしまいます。
理子さんのように、受賞してプロになる人も、一回目のチャレンジは残念な結果に!
でも、のちにプロとして大成する人は、挫折を味わいながらも、着実に力を蓄えていくのです。
理子さんも、ドラマ大賞をとる直前に、「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞・優秀賞」も受賞。
ああ、この人は出てくるな、という足音が聞こえ始めて、ここからはぐいぐいと実力を発揮します。

収録の日は、「おシャシャのシャン!」のオンエア間近ということもあって、とってもオーラがでていました。もう、それほど時間がたたないうちに、超売れっ子の仲間入りをするのではないかと。
それでも、受賞した脚本が、オンエアされるまで、何度も、何度も書き直ししたそうです。

これからも坂口ワールドのコメディを書いていきたいそうです。
笑顔が似合う理子さんだから、コメディ期待してますね!
[PR]
by japanhosakkyo | 2008-01-27 21:04 | 放送アーカイブ