カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

第6回のゲストは大倉徹也さん

大倉徹也さんはラジオ日本開局から関わった放送作家!だった

カフェラテのマスター東海林桂がよちよち歩き、そしてママのさらだたまこが、まだオギャーと産声を上げる1年前に、ラジオ日本は開局したそうです。
来年は開局50年! 当時はラジオ関東という局名でした。
あれ、こんなこと言ったら、歳ばればれ!
ま、いっか。
で、第6回のお客様は、開局の日から、ラジオ関東の番組の台本を書いていた、という放送作家の大御所・大倉徹也さんです。

d0129804_10481363.jpg


当日、開局当時に使われた貴重な台本も持ってきてくださいました。
放送文化史の宝物! 
マスターの東海林さんは、この台本の存在を知って、開局50周年記念番組にこの台本で、
第1回開局放送を再現する企画を考えております。乞うご期待!


大倉さんはテレビやラジオの番組、数え切れないほど手がけて来られましたが、
ドリフターズの『8時だよ! 全員集合』の前身はラジオ番組だったそうです。
ドリフのメンバーをキャラクター付けして、トーク番組を試みて、それが全員集合へと繋がっていったんです。
そんな歴史、知りませんでした。

昔は、メールもファックスも無かった時代。
売れっ子だった大倉さん、原稿が間に合わないときは、近くの「赤電話」で口伝えに台本を送ったそうです。
それを向こうで受けて、そのまま放送でしゃべったのが先代・林家三平師匠。
大倉さん、三平師匠に電話口で「どーもスイマセン」って謝ってたのでしょうか?
[PR]
by japanhosakkyo | 2007-11-11 21:04 | 放送アーカイブ