カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

第5回のお客様は森治美さん

カフェ・ラ・テの第5回ゲストは放送作家会のゴッド姉さまこと森治美さん

d0129804_20353732.jpg


森治美さんは1981年に、戯曲「じ・て・ん・しゃ」で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞
ラジオドラマ「極楽蜻蛉一家の贈り物」で、文化庁芸術作品賞、「川のある風景」でギャラクシー奨励賞受賞、という輝かしい経歴の持ち主。
しかし、本当は脚本家ではなく、女優になりたい!(冗談ぽく言うけど、かなり本気です!)
たしかにタッパはあるし、存在感あるし、美人ですからね、演技力も普段からドスがきいているので女優はきっと大丈夫! 「だったら自分で脚本を書いて主演しちゃえば・・・」とみんなに言われるそうですが、それはつまらない。別の脚本家が、是非このドラマは森さん主演でお願いします!と出演依頼が来る日を待ち望んでいるとか。

でも、この方、見た目は恐いけど、ご自身がすごい恐がり!
恐怖映画や暴力シーンとか、一切ダメなんですって!
生肉も嫌いだし・・・。高所恐怖症だし・・・。
でも、オトコには滅法強いですよ! 恋愛経験豊富だし、カフェラテのママ、さらだたまこも「ご教祖様」と崇めております。拝むとほんとに御利益あったし・・・。

さてさて、そんな森治美さんは、後進の指導にも大変力を入れています。
放送作家協会の公募ドラマの責任者として、大活躍!
そんな森さんからのお知らせ!
第36回【創作ラジオドラマ大賞】募集にちなんで、公開講座が開かれます。
この講座を真面目に聞けば、一次予選通過の確率はかなり高まること、マチガイナシ!

第36回【創作ラジオドラマ大賞】公開講座
「限りないオーディオドラマの世界に挑め!」
 日時  2007年11月24日(土) 午後1:00~5:00
 場所  健保会館 はあといん乃木坂 (地下鉄千代田線乃木坂駅下車1分)    
 定員   80名(定員に満ち次第締め切らせて戴きます)
 会場費 1000円(要予約~会場費は当日、受付にてお支払い下さい)
 講師  脚本家・東多江子「オーディオドラマ作法」
 
 ※講座の後半にシンポジウム「オーディオドラマ、ここだけは是非!」が開かれ、   
     パネラーに森治美さん、さらに演出家としても活躍している吉村ゆう、 
     新人脚本家の大河内聡、そして演出家の保科義久(NHK)の各氏が参加。
     司会進行は、脚本家の津川泉が担当。みなさんからの、質疑応答にもお答えします!

   お申し込み先 日本放送作家協会  TEL 03―3401-5996 

ということで、生の森治美さんに会って、シナリオの奥義が聞きたい方、是非参加してくださいね。講座の詳細や、公募ドラマの募集要綱は放送作家協会のHPや同広報ブログでも、ご覧になれます。
[PR]
by japanhosakkyo | 2007-11-04 20:56 | 放送アーカイブ