カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

#221&222 宇野宇さん

マルチに活躍! 宇野宇さん

d0129804_810647.jpg



放送作家の宇野宇さん。
上から読んでも下から読んでも「うのう」という印象深い名前は、師匠の新野新さんと笑福亭鶴瓶さんによる命名と知りました。

大阪生まれの宇野さんは大学卒業後、関西を拠点に活動していました。
関西といえばお笑い! 宇野さんは、吉本興業の大阪本社に個人デスクを貰うほどの売れっ子でした。
そして、SMAPのバラエティー進出のきっかけとなった『キスした?SMAP』(ABC)の構成も手がけ、傍目には順風満帆な作家人生。
けれども、39歳のとき一念発起して東京に拠点を移します。

さらだママも宇野さんのお名前は、いくつもの番組のクレジットでよく名前を見かけていたので、イケイケドンドンのまま東京で仕事を広げたのかと思いきや、さにあらず。

「関西で売れっ子だった? それがどうした?」という空気で、ウエルカムな状況ではなく、新規開拓に苦労の日々だったというから驚きです。

「東京で一度リセットが必要でした。でも、それが新しい仕事のチャンスにもなったんです」。

宇野さんは、芸能プロダクションを設立し、作家活動に留まらず、タレントやアーティストのマネジメントや、放送作家の新人育成にも力を入れます。

幼少のころから文才に加えて音楽の才能も培った宇野さんは作曲活動や、さらに演出とマルチに活躍して、枠に収まらないビジネス展開を実践中。

そんな宇野宇さんが番組に残した言葉は「放送作家は人間力だ!」。

書く力はあって当たり前、そしてそれを持続・発展させるのは、魅力的な人間としてのパワー! 

さらだママも今年は人間力を磨かなくては!
[PR]
by japanhosakkyo | 2012-01-13 08:08 | 放送アーカイブ