カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

#136&137のゲストは鳴海昌明さん

鳴海昌明さん


d0129804_19542344.jpg



昭和40年代前半、故・青島幸男さんが司会を務めた『お昼のワイドショー』の放送作家だったという大ベテラン。
東海林マスター曰く「僕がペーペーの駆け出しの三十年前、鳴海さんは、かっこいい大先生だった」と。
さらだママの記憶には “テレビに出ている人”でした。
押し出しの強いキャラクターで、ワイドショーのリポーターとしても活躍もされました。

そして四十台を目前に、一切仕事を整理して単身アメリカに渡り、NYで一年半暮らした経験も。
「80年代は、作家とかクリエーターは海外生活を体験するのが次なるステップアップへの道のりでした」。
特にNYは世界に向けて情報を発信し続けるもっともクールな街だったのです。
とはいえ、憧れとうらはらにドロップアウトする輩も少なくありません。
しかし、鳴海さんは現役のまま、NYから、日本のラジオにリポートを送り、雑誌に寄稿し、さらに『カフェ・ニューヨーカー』という一冊の本を上梓したのでした。

今もスタイリッシュな生き方にはこだわりがあります。
「スタジオの片隅にいて、『あの人、タレントさんかないけどかっこいい! 放送作家なんだ、どっかセンスが違うよね』と言われるようでないと」。
なるほど! 外見の自己表現も作家の大切な表現、おろそかにできないと。
またまた、目からウロコのさらだママでした。
[PR]
by japanhosakkyo | 2010-05-28 19:51 | 放送アーカイブ