カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

jhosakkyo.exblog.jp

毎週土曜深夜3時~1422・JORFでお聴きください

ブログトップ

83&84回のお客様は鈴木貴子さん

ゲストは、『アリよさらば』の鈴木貴子さん。

d0129804_9423279.jpg


久々に、女性脚本家のお客様がいらっしゃいました。
鈴木貴子さんは、東海林マスターの古くからの飲み仲間ですって!

鈴木貴子さんといえば、矢沢永吉主演『アリよさらば』でおなじみ。あと『探偵左文字進』とか数々のドラマを執筆されています。
お家では愛息を膝に抱えながらリビングのテーブルでパソコンをうちながら書くという素敵なお母さん。
しかしその内容は、連ドラ、昼ドラ、サスペンスと多種多彩!

プロの脚本家への道のりは、通信のシナリオ講座受講がきっかけ。
師匠は、ジェットコースタードラマで知られる吉村昌弘氏
「駆け出しの頃、『世にも奇妙な物語』が始まって、何が何でも是非書きたい!」と。
1時間の枠に3本のオムニバスで構成されるこの番組は新人登竜門として注目されていた。
多くの新人は、3本のうち1本書いてようやくデビューを果たしたが、鈴木さんの場合はデビューでいきなり3本まとめて台本が採用された。
その後、連ドラ、昼ドラ、2時間枠と精力的に執筆活動に入っていった鈴木貴子さん。
昼帯は月~金毎日30分を計40本分書くから大変な労作ですよね。
「原稿書くのは早いですよ。悩む暇があったらとにかく書く進むがモットーですから」。
と、笑って答えてくれました。
[PR]
by japanhosakkyo | 2009-05-25 09:40 | 放送アーカイブ